vKirirom(ブイキリロム)猪塚武 のブログ

vキリロム Group CEO 猪塚武のブログです。キリロム工科大学やvKirirom Nature Landなどの事業の話を書きます。

キリロム工科大学が学費を実質無料にできる仕組みについて

 キリロム工科大学はカンボジア人にとっては義務と引き換えに無料の大学を実現しています。そして日本人や外国人にとっては卒業後に最大で支払った授業料と生活費の全額が戻ってくる実質無料の大学です。

 通常学費や生活費が無料ということは誰かの寄付で成立するソーシャルモデルなのかと思われますがキリロム工科大学はそうではありません。学生が大学の運営を無償のインターンシップで支えることにより大学が収益を上げて学費と生活費を無料にするモデルになっています。

 このモデルはカンボジアの貧しい子供向けに上級生が下級生を支援することで学費を無料にするカンボジアの学校のモデルを参考にしています。

 この仕組みに登場してくるのがKITポイントで、KITポイントは学校運営への無償インターンシップを経済価値に変換してポイント化しているものです。一定のKITポイント取得が卒業要件になっていて稼ぐ力があると評価されます。

 キリロム工科大学の学生は340KITポイントを目指していますが、170KITポイントで卒業できます。日本人は340KITポイントを獲得し、かつ企業スポンサーに就職すると全額学費と生活費が戻ってくる仕組みです。

 別の見方をすると働きながら学校に行くいわゆる「苦学生」モデルに近く見えるのですが、通学時間・食事を作る時間・洗濯時間をカットして無償インターンの内容を可能な限り専攻分野に近づけることで大学としての能力向上も同時に実現しています。

 インターンシップに関する法律は国によって違います。日本だと長期間の無償のインターンシップが労働に見なされることもありますが、カンボジアでは無償のインターンシップは長期間でも無償のインターンシップのままです。キリロム工科大学の学生は学生ビザであり、労働許可もないので労働はできません。教育目的の無償のインターンシップリーンスタートアップのスキルを身につけるのがキリロム工科大学です。

f:id:izukatakeshi:20200226222818j:plain