vKirirom(ブイキリロム)猪塚武 のブログ

キリロム グループ CEO 猪塚武のブログです。キリロム工科大学やvKirirom Nature Landなどの事業の話を書きます。

アストラゼネカ製ワクチンを使ったワクチンツーリズムとしてオリンピックに外国人を受け入れる

 日本がなぜワクチン獲得競争で遅れたのかという背景の話も漏れ聞こえる中で、やっと認可されたアストラゼネカ製のワクチンを当面使用しないとの報道があった。政治には上り坂、下り坂に加えて「まさか」があるというがまさに「まさか」だ。厚労省アストラゼネカ製ワクチンによる薬害訴訟を恐れているのかもしれないが、日本の経済的ダメージを考えれば世界中の国々が喉から手が出るほど欲しいアストラゼネカ製のワクチンを遅ればせながらもなんとか確保できたのにそれを使用しない意思決定をするとか私には信じられない。

 カンボジアのような新興国ではアストラゼネカ製ワクチンよりも心配する人が多い中国製のワクチンを我先にと接種している。そんな中での話である。しかも、アストラゼネカ製のワクチンを新興国に寄付するつもりのようだ。日本でなければ暴動さえ起こりかねない。

 私はシンガポールで働いているが新型コロナパンデミックで2020年度は日本に長期間滞在を余儀された。PCRテストもすでに16回受けた。日本国民ではあるが日本非居住の私が新型コロナワクチンを接種することは2021年内は不可能であり、可能になるとすれば2022年以降だろうと言われた。運良くシンガポールは新型コロナ対策においては世界一位の進んだ国だったので、シンガポールに戻り4月末に1回目、5月末に2回目と2回のファイザーのワクチンを接種することができた。外国人を差別することなくワクチン接種してくれたシンガポール政府とシンガポール人には感謝の気持ちでいっぱいだ。発熱などの副反応はあったが、2度目のワクチン接種が終わった後にとても前向きになった自分に心から驚いた。日本の多くの友達や知人にも早くそうなって欲しいと思うし、私は日本で可能なら絶対にアストラゼネカ製のワクチンを自ら希望して接種したと思う。

 この文章はアストラゼネカ製ワクチンをぜひ日本の希望者に1日でも早く接種して欲しいし、日本政府のなかでそういう方向に舵を切ろうとしている人たちを応援するために書いているが、ひょっとしたら政府の中にはすごい反対勢力がいるのかもしれないので、その場合の日本にとっての次善策を考えてみた。

 私の案は「アストラゼネカ製ワクチンを使ったワクチンツーリズムをオリンピックのタイミングではじめる」というものだ。具体的にはこんな感じだ。

  1. 外国人の日本到着日に空港でワクチンを接種する。
  2. ワクチン接種後2週間または3週間はホテルで強制隔離。
  3. 強制隔離後PCR検査を受けて陰性であればホテルから出る。
  4. その後は日本をエンジョイしてもらう。
  5. 4週間後以降に2度目のワクチン接種を行う。
  6. 副反応が治った数日後以降は帰国するのも追加で日本観光するも自由。
  7. ホテル1泊1万円を支払ってもらうとして、30泊で30万円。ANAまたはJALの航空券10万円とワクチン代・PCR代10万円をパッケージにして50万円だ。
  8. 30日間滞在する外国人を1000万人を受け入れればCool Japanのピーク時並みのホテル稼働率になるし、Goto Travelで実現しようとした日本のホテルを救う効果もある。
  9. 東京オリンピックの時からスタートすれば宣伝効果も絶大だ。
  10. そしてこの観光客には海外在住の日本人も含まれる。日本に新型コロナワクチンを接種するために戻るわけだ。

オリンピックまで残り2ヶ月となり上記のプランを検討している時間はあまりないかもしれないし、先進国が優先的にワクチンを確保することが世界的には大問題になっている中で日本の対応に非難が集まるかもしれない。でも今はどの国も自国民をコロナから守り自国の経済を破綻から守るために必死だ。ワクチンツーリズムはニューヨークではすでに始まっている。ニューヨークに旅行すれば外国人でも誰でもワクチンを打ってもらえるのだ。日本がワクチンツーリズムを前面に出せばワクチンメーカーからワクチンを供給してもらえなくなるリスクもあるかもしれない。その時は菅総理に国連で「ごめんなさい」と謝ってもらいましょう。

お願いだからアストラゼネカのワクチンを日本のために使って欲しい。
そんな思いでブログを書きました。