vKirirom(ブイキリロム)猪塚武 のブログ

vキリロム Group CEO 猪塚武のブログです。キリロム工科大学やvKirirom Nature Landなどの事業の話を書きます。

カンボジアは新型コロナ第一波が収束しました。

 

こんにちは猪塚武です。

 

カンボジアに戻ってきてふと周りを見回してみると、コロナの第一波が収束する国が増えているようです。

例えばカンボジアは新規患者数が0の日が24日間を超えました。新規患者数が14日*2倍の28日を越えればエピデミックは終息宣言です。来週にはカンボジア政府から何らかの終息宣言が出るかもしれません。

ベトナムも国内の活動は通常に戻っていてオンラインよりもオフラインの流れさえ出始めているようです。タイも新規発生者数は一桁になり、6月の頭には収束ですね。ミャンマーラオスも大したことはないのでメコン地域はラッキーな地域なのかもしれません。カンボジアがなぜ死者ゼロでいけたのかというのは驚きなのですが、国民が若く・生活スタイルが3密を起こしにくいということはあるのではないかと思います。学校に通えるように解禁してほしいところです。

マレーシアは宗教イベントから感染爆発がお起こりましたがおそらく5月末には落ち着く感じですね。シンガポールは国民の新規感染は20人程度まで落ち着いているそうなので政府はなんとかするのではないかと思いたいです。インドネシアはちょっと収束が見えないですね。フィリピンは一進一退というところでしょうか?

少し離れると台北・中国・韓国もほぼ収束モードです。日本も5月末にはほぼ大丈夫ではないかと思われます。少し離れるとオーストラリアやニュージーランドもOKな感じです。

どの国も簡単に国境を開くとは思えませんが、検査で陰性だった人は国境を通過できるというオペレーションに第一波が落ち着いた国々はなっていくのかと思います。

しかし、ホテル・飛行機・観光業が大変な時代は続く感じですね。

カンボジアイオンモールは5/1から本格営業、マッサージサービスも5/7から解禁のようで、どんどん普通に戻っていきます。

f:id:izukatakeshi:20200507110619j:plain

イオンモールは通常営業再開

世界を見渡すとロシアのように毎日感染者数が増えている国もあります。アフリカや南米にもそんな国がみられます。

第二波は必ず来るのでいつ・どんな形になるのかビクビクしながら守りを固めたいところです。

 

vKirirom Group CEO
キリロム工科大学 理事長 
猪塚武